29年度分の年払い積立を、なんでも引き落とし口座へうつしました!

キミドリ38歳。

今日お風呂場でふと気がついたら、背中に贅肉がついていました…。

ここ数年、お腹まわりのお肉ちゃんが増えてきたなーとは思ってたんですよ。

お腹は毎日見えますからね。

そりゃ、よくわかる。

けど、時間の無い中で子供と一緒にドタバタとお風呂入ってたり、家事に追われていたりすると背中なんてわざわざ鏡で見ない…。

それが、いけなかった。

久しぶりに見た自分の背中は、

ババアの背中でした衰えていました。

家計と共に、キミドリの体もスリム化していかないといけませんね

(´д`|||)ハァ

そのうちダイエットブログも書くかもです。

さてさて、

タイトルにも書きましたが

29年度分の年払い積立を

積立口座から、引き落とし口座へ移動しました。

その額、約¥460,000-

これは28年度の月々の収入から毎月せっせと積み立てていたお金であります。

我が家は、ボーナスがないという前提で家計のやりくりをしています。

月々の収入だけでやりくり出来る安全な家計でいたいので、

こんな風に年払いを管理しているんです。

年払い積立をしよう!~安全な家計でいるために~
キミドリです(о´∀`о) 我が家の家計簿は、 4月から始まり 翌年3月までの1年でつけています。 ...

年に一回、積立額を算出して、

毎月それを積立口座に入金していくだけ。

新年度になったら、そのお金をドドーンと引き落とし口座へうつします。

はい、今ちょうどこのドドーンとうつした状態なわけです。

それだけで、もう1年間の年払いは何も考えずにほったらかしで良いのです。

慣れてしまえば簡単ですよね!

じゃあ、その積立は引き落とし口座に毎月入金しちゃえばいいじゃないか!と思う方もいるかもしれませんが、

キミドリの場合は、

あくまでもその年度に支払うべきものだけを引き落とし口座に入れておきたいんですよね。

積立の中には、

3年に1度、5年に一度引き落とされるものもあります。

それは引き落とし年度になるまでは、積立口座にいれたままにしておく。

一色単に引き落とし口座に入れていくと、その分の積立はいくら繰り越されているのかごちゃごちゃしてわからなくなる。

ちょっと説明わかりずらいですかね?

あくまでも

なんでも引き落とし口座は、今年度の引き落とし用として使う。

そして、

年払い積立口座は、次年度以降の年払い積立用として使って

残高を見るだけでいくら積み立てられているのかがわかるようにしておきたいのです。

このように、口座にそれぞれ役割を持たせて、自分が見てわかりやすいように管理しています。

興味のある方は、

こちらで我が家の家計管理の流れを説明していますので、読んでいってくださいね↓

キミドリさんちの家計簿事情~我が家の家計の流れ~
キミドリさんちの家計簿事情 ここでは、 我が家の家計管理方法を 勝手にお話ししていきます (*´∀`) ...

更新の励みになりますので

よろしければお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加